出会い系とSNSどっちがいい?

出会い系サイトとSNSはどう違う?

ネットでの出会いというとまず思い浮かぶのが、SNSと出会い系サイトですよね。
SNSはご存知の方も多いかも思いますが、mixiやフェイスブックなどのように会員同士のつながりによって、日々の出来事や興味のあることなどを共有していくことが主な目的のシステムです。

 

他にもモバゲーやグリーのようなゲーム関連のSNSも人気ですよね。
またツイッターもある種ネットの世界とリアルの世界をつなぐ役割をしています。
実際にこういったSNSを通じて親しくなり、恋人になったり結婚したりという例も沢山あります。
ただし、SNSで注意したい点は「利用している人が皆恋人を探している訳ではない」ということです。
もっというと、「リアルでの付き合いをしたくない」という人も沢山利用しているのです。

 

こういった場所で恋人探しをしたり、リアルで会うことをお願いするような行為は、人によっては不快と感じることが多いということを覚えておきましょう。
SNSでの出会いは、趣味や意見などを共有しながら、自然と親しくなった上で、実際に会えるかどうかを検討するという手順が不可欠なのです。

 

それに対して出会い系サイトは目的がハッキリとしています。
恋人候補などとして異性が出会う場というのが出会い系サイトなのです。
当然登録している人は皆、自分と合う人を探しているという訳です。
SNSで突然アタックするのは非常に失礼ですが、出会い系サイトではアタックすることが最初の一歩なのです。
どちらかというとSNSはネットで完結することが多いのに対して、出会い系サイトはリアルすることが前提となっているという決定的な違いがあるのです。

 

出会い系サイトとSNSの共通点

しかし共通点もあります。
それはネットにさえつながっていれば、どこにいる人とでも知り合えるということです。
手間をかけずに自宅や携帯で全国の様々な人のことを知ることができます。
また、出会い系サイトを使ったことがない人は知らないかもしれませんが、出会い系サイトでも掲示板や日記といったSNS的な制度を導入しているサイトが増えています。
以前の出会い系サイトのように短いプロフィールだけでなく、より趣味や興味の近い人を探しやすくなっているのです。
「出会い系サイト」というと印象の悪い人でも、実際に利用してみると気楽なSNS的なサイトなんだと気付くはずです。

 

位置情報を使うSNSには注意!

SNSの利点としてスマホや携帯のGPS位置情報を使ったシステムがあります。
自分の近くにいる人の情報を得ることができたり、ご近所さんと仲良くなったりというメリットはありますが、少し怖い面もあります。
それは自分の家や職場などを特定されやすいといことです。
顔の見えないネットの世界ですので、中にはたちの悪い人もいます。
自宅や職場を知られてストーカーなどの被害に遭う人もいます。
ネットの世界では、個人の情報は安易に教えないことが鉄則なのです。
その点では位置情報系のSNSを使う際は十分な注意が必要です。