出会い系サイトでのモテるプロフィール

プロフィールはあなたの顔!

出会い系サイトではまず自分のプロフィールを作ります。
他の人に真っ先にアピールする場所となりますので、第一印象の決まるところといってもいいでしょう。
ここはひとつ気合を入れて、異性に好かれるプロフィールを心がけましょう。

 

「そのままの自分を見て欲しい!」と思う気持ちも分かりますが、第一印象が悪くてはその先まで知ろうと思ってくれる人は少なくなってしまいます。
ましてや出会い系という何千人ものライバルがいる世界なのです。
少しでも「自分と合わない」と思ったら、その先の進展などないのです。
プロフィールは自分の顔代わりだと思って作りましょう。

 

プロフィールでのタブー

何といっても嫌われるのがネガティヴな発言です。
例えば、「見た目には自信がありません」というのは良く使われるフレーズですよね。
中には「謙虚な人だな」と思ってくれる人もいるかもしれませんが、たいていはスルーされてしまいます。
見た目に自信がないのであれば、容姿について触れることはないのです。

 

他にも「最近彼女と別れました」「○○年恋人がいません」といったネガティヴ感も禁物です。
こういった話題を不特定多数に向けて発信してしまうのは、印象が悪いです。
とにかくプロフィールは明るい印象を心がけましょう。
「この人と話したら楽しそう」と思って貰えることが大事です。

 

ニックネームはどうする?

出会い系サイトでは本名でやり取りすることはありません。
まずはサイトネームやニックネームをつけますよね。
これも印象を良くするひとつのポイントになります。

 

よく芸能人やドラマやアニメのキャラなどをニックネームにする人がいますが、趣味の合う人を見付けたいのでなければ避けた方が無難です。
特にアニメキャラなどは知らない人にしてみれば「なんだこれ?」という名前だったりします。

 

特に注意したいのは、もしここで出会って実際に会ったり付き合ったりすることになった場合、そのニックネームで呼ばれ続ける可能性が強いということです。
また、メールをやり取りする際に名前を入れることで親密度が増しますが、奇抜なニックネームだと相手が書きづらいというデメリットがあります。
名前を呼び合わないとなかなか親しい雰囲気にならない=なかなか会うまでにいたらないということになってしまいます。

 

思いつかない場合には、本名の一部を使うのも良いでしょう。
例えば木村拓哉という本名だったら、下の名前を使って「タクヤ」にするとか「タク」にするとかですと簡単ですね。

 

時には相手の条件も書く

せっかくの出会いのチャンスだからと「誰でも気軽にオッケー!」のようなアピールをする人も多いですが、特に女性から見るとあまり印象はよくないです。
女性は自分の好みのタイプをプロフィールに書いていたりしますが、男性も大まかな希望は書いておいた方がその後がうまくいきやすいですよ。
特に女性から人気のワードには、「ぽっちゃりOK」とか「年上も好きです」とか「人見知り歓迎」といったものがあります。
多くの女性がウィークポイントと感じているようなことを「問題ありませんよ」とアピールするのです。