出会い系サイトを使うと迷惑メールが増える?

出会い系サイトと迷惑メールの関係

皆さんも迷惑メールには閉口しているかと思います。
ブロックしてもブロックしても次々と配信アドレスを変えて送りつけてきます。
よく使うメールアドレスに大量の迷惑メールが送られてくると非常に不愉快ですよね。

 

「いったいどうして自分のアドレスがバレたのだろう?」
誰しもが抱く疑問ですが、確実に犯人を突き止めるのはサイバー警察くらいでなければ分からないところもまた腹立たしいです。
しかしいくつかの可能性は考えられます。
そのうちで最も疑惑の目が向けられているのが出会い系サイトでしょう。
そのイメージからか、裏では個人情報保護など軽く無視してやりたい放題やっているのでは?と勘ぐってしまいます。
しかし、全ての出会い系サイトがアドレスを流出させている訳ではないのです。
一部の出会い系サイトはコンプライアンスもしっかりとした、誠実なサイト運営を行なっているのです。

 

出会い系サイトでの迷惑メール被害を避けるために

ここでは私が個人的に行なっている方法をご紹介します。
まず、フリーのメールアドレスを用意します。
YahooでもGmailでも何でもいいのですが、出会い系専用のメールアドレスにします。
さらにそのアドレスではひとつのサイトしか登録しません。
つまりそのメールアドレスを知っているのは、自分とその出会い系サイトとフリーアドレスの運営会社、ということになります。
これで迷惑メールが届くようであれば、その出会い系サイトが限りなく怪しいと考えて良いでしょう。

 

この方法でいくつかのサイトに登録すると、全く迷惑メールがこない場合があることに気がつくでしょう。
その出会い系サイトはかなり信用できると考えることができますね。

 

迷惑メールと広告メールを混同しない

ただし、出会い系サイトの中でも特に無料で利用できるサイトでは、広告収入で運営されているところがあります。
こういったサイトの場合、一切の利用が無料な代わりに広告メールが届くようになることがあります。
これは通常、利用規約に記載されていることですし、無料で利用できる代わりになるものですので文句を言うのは筋違いなのです。
広告メールは興味がなければ削除すれば良いだけです。
この際も専用のメールアドレスであれば簡単に対処できますよね。
私の場合は、そのサイトから来るメールだけを「メッセージのルール」でフォルダに移動するように設定しておきます。
そうすれば受信フォルダには広告メールしか届きませんので、まとめて削除すれば良いだけになるのです。