出会い系サイトって本当に出会えるの?

「出会える出会い系」ってどういうこと?!

恋人を探している男女にとっての出会いの場として知られる出会い系サイトですが、今ではずい分とイメージが悪くなってしまっているのが現状です。
そもそも出会うために始めるサイトなのに、宣伝文句にわざわざ「”出会える”出会い系」などとなっている自体で異常ですよね。
どうしてこんなことになってしまってのでしょう?
そこにはやはり悪質なサイトの存在があるでしょう。

 

現在、出会い系サイトの7割から9割が出会いなど望めないような悪質なサイトだといわれています。
サクラと呼ばれる素人を装ったバイトを雇い、利用者からお金を引き出すことを目的にしたサイトが沢山あります。
もっとたちが悪くなると架空請求や個人情報の横流しといった犯罪系の悪質サイトもあります。
出会い系サイトと聞いて多くの人がイメージする「本当に出会えるの?」という疑問は、こういった悪質な業者サイトによるイメージが広がってしまったためなのです。

 

しかし、7割〜9割が悪質と言いましたが、逆に考えると3割〜1割はまともな出会い系サイトなのです。
こういった良質なしとでは本当の出会いが確実にあるのです。
考えてもみて下さい。
出会い系サイトではメールのやり取りなどにお金がかかることが多いです。
又は定額制で料金がかかるものもあります。
そういったサイトが長い間運営していられるのは、使い続ける人たちがいるからなのです。
使い続けている全ての人が騙されているのならば、そのまま使い続ける人はほとんどいなくなってしまうでしょう。
本当に出会えることがあるからこそ、皆さん出会い系サイトを利用しているのです。

 

出会い系サイトで出会えるのはどんな人?

現在の男女の出会いの場は多種多様ですよね。
特にネットが普及してからは大幅に出会うチャンスが広がっています。
その中で出会い系サイトはどういった位置づけになっているのでしょう?

 

ネットでの出会いというとmixiやフェイスブックなどのSNSが真っ先に浮かぶ人も多いでしょう。
こちらはどちらかというと男女問わず、趣味の合う人、共通点が多い人とつながりやすくなっています。
恋愛を目当てとした出会いとはちょっと趣が異なりますね。

 

続いては婚活を目的としたマッチングサイトがあります。
こちらはより恋愛に特化したサイトですね。
いや、恋愛というよりも結婚を意識した出会いの場となっています。

 

出会い系サイトは、SNSでは物足りないけど婚活というほどではない、という位置づけになっています。
「恋人探したいな」とか「普段の生活では恋愛につながる出会いがないな」と感じてる人が利用しているのです。
あまり気負わずに自然体の出会いを求めている人が多いのです。