出会い系サイトからリアルデートにつなげるには?

メールからリアルにつながるメールは?

やはり出会い系サイトではメールでの文章が最も重要なポイントになります。
実際に会えるかどうかはメールでやり取りして気が合ったら、ということになるのです。

 

そこで印象を良くするメール、より親密になるためのメールを考えてみましょう。
(ただし、女性の場合は自分から会いたいと言い出せば、ほとんどの男性がOKしてくれるでしょう。)
ここでは男性から出すメールについて説明します。

 

誠実さを忘れずに!

いいかげんな気持ちやヨコシマな思いは無意識に文章に表れてしまうものです。
出会い系を使う動機は人それぞれかと思いますが、メールを送る際にはその人のことを真剣に考え、思いやりのある文章を書くようにしましょう。
同時にやり取りしている人が複数いる場合もあるでしょうが、メールを書く時にはその人ひとりのことを考えて書くようにしましょう。

 

とかく男性は「伝わればいい」と考えてしまいがちですが、女性はメールの文章からあれこれと想像をするものです。
言葉づかいひとつで印象が悪くなってしまうこともあるのです。
こちらに悪意がなくても、時には勝手に想像を働かせて深読みされてしまうこともあるのです。
自分の気持ちを分かりやすく、ハッキリと、素直に書くことを心がけましょう。

 

メールの頻度はどれくらいがいい?

メールのやり取りは、本人に取って多すぎると感じると負担になってしまうものです。
相手のペースに合わせてメールするようにしましょう。
週に2、3回なのか?毎日なのか?相手が返信してくるペースに合わせるのが一番です。
ただし、付き合ってもいない人と1日に何通もメールのやり取りをするのは避けましょう。
メールをし始めてすぐにそれほど返信してくる女性はちょっと怪しい?かもしれませんね。

 

報告メールはNG!

よく話題がないからといって「今日は○○を食べました」といった報告メールをする人がいます。
そんなメールならば送らないほうがマシです!
例えば今日はお寿司を食べたのであれば、「今日の夕飯はお寿司でした。○○さんは寿司ネタで好きなのは何ですか?」
といったように相手を思いやる文面にしましょう。

 

思いやりメールは好印象

例えば「今日は暑かったけどお仕事お疲れ様でした。体調など崩していませんか?」
などといったように、さり気なく相手のことを気遣う文章は好印象です。
たまたま本当に体調を崩していてついホロリときた、とういうような女性が多いですよ。

 

文章の長さはどれくらい?

これも相手に合わせるのが一番です。
特に相手が携帯の場合は、長文は負担に感じられることが多いです。
逆に相手が長文なのにあっさりメールで返信すると、「素っ気ないな」と感じられてしまうでしょう。

 

リアルデートに誘う方法

メールでのやり取りで雰囲気を掴むことができる人ならば、「今誘うタイミング来た!」と感じることができるでしょう。
しかし残念ながら多くの男性がなかなか女性の文面から空気を読むことができません。
そこでちょっとしたポイントをご紹介します。

 

・区切りの時期を利用する
例えばメールを始めてから1ヶ月とか、もうすぐ相手の誕生日とか、何かしらの理由がある時はデートに誘うチャンスです。
リアルで会うことに抵抗のない人であれば、「それじゃあ」という気持ちになるものです。

 

・出会い系での出会いについて聞いてみる
今イチ反応が掴めない、会う気があるか分からないという時には、出会い系についての質問をしてみるのも良いでしょう。
「○○さんは出会い系で知り合った人と実際に会うのは抵抗がありますか?」という感じです。
ここで「自分はあまり実際に会うことはないのですが、○○さんとは一度お会いしてみたいと思っています。」などと自分の気持ちを伝えてみましょう。
相手に「自分はちょっと特別なんだ」と思ってもらうのがポイントです。
これでダメだったら脈なしと考えて良いでしょう。
ただしメル友でいいのであればそのままメールのやり取りをしてもかまいませんよ。