出会い系悪質サイトへの対処法

もし悪質な出会い系サイトだったら・・・

出会い系サイトには残念ながら悪質な詐欺まがいのサイトが沢山あります。
本来ならばそういったサイトを使わずに良い出会いができればいいのですが、時にはうっかり魔の手にはまってしまうこともあります。
ここでは、そういった悪質な出会い系サイトに登録してしまった際の対処法を考えてみましょう。

 

悪質サイトの手口

まずは悪質なサイトのよくある手口を覚えておきましょう。

 

・受信したメールを読むだけでお金がかかる(しかも高額・後払い)
一般的な出会い系サイトでは、メールを送る際にはお金がかかるようになっていますが、特に悪質なサイトでは受信したメールを開いただけで料金が発生することがあります。
しかも事前に詳しい説明もなく、後になって高額な請求をしてくるのです。

 

・いつの間にか無料期間が終了している
利用し始めたのはお試し期間だったのに、いつの間にか有料会員になっているようなことがあります。
当然、訳も分からず入会金だの利用料だのと請求されてきます。

 

・解約・退会ができない
悪質なサイトによく見られる手口です。
特に月額会員やお試し期間中の解約がしづらくなっていたりします。
退会の規約だけが突然全て英語で書かれていたり、退会ページのみサーバエラーが頻発したりと、ネットに詳しくない人はあきらめて利用し続けしまったりします。
どうしても解約できずに、結局登録していたクレジットカードを廃止にしたという人もいます。

 

・架空請求
はなから違法な業者は、単純に何もしなくても架空の請求を送りつけてくることがあります。
この架空請求は社会問題にもなっていますので、皆さんスルーできますよね。
身に覚えのない請求は無視しましょう。
しかし、最近もう少し手の込んだ詐欺もあります。
それは少額訴訟を起こすという方法です。
この場合は裁判所から通知がきますので、絶対に無視してはいけません。
弁護士などの専門家に相談の上、警察にも連絡し、指定された日には必ず裁判所に出頭しましょう。
「身に覚えがないから無視」としていると「敗訴」ということになってしまいます。

 

悪質サイトへの対処法

・まずは予防措置
大前提としては、安全な出会い系サイトを選ぶということです。
また、登録するメールアドレスはいつでも破棄できるような捨てアドレスにしておきましょう。
代金の支払いはWebマネーなどを利用し、こちらの個人情報はなるべく渡さないようにしましょう。
登録の際に携帯電話の番号が必要なサイトの場合は特に慎重になって下さい。

 

・納得いかない高額請求をされたら
個々のケースによって対応は違いますが、たいていは無視しておいても問題ありません。
もし個人情報も知られてしまっていて頻繁に督促されるようならば、消費者センターや弁護士などの専門家に相談すると確実でしょう。
悪質な出会い系サイトがよく使う手口は、たいてい「電子消費者契約法」に違反しています。
これは、パソコンやモバイル携帯電話を利用したネット上での契約について定めた法律です。
消費者に分かりにくい料金表示などは、消費者の不注意に原因があったとしても無効となることが約束されているのです。

 

・しつこい催促や勧誘が続く場合
簡単なのはメールアドレスを変えてしまうことです。
プロバイダメールや携帯のメアドは変更が面倒かもしれませんが、出会い系サイトの連絡手段のメインはメールです。
これさえ断ち切ってしまえばそれほどしつこく追いかけてはきません。
携帯電話番号を登録している際には、番号も変えてしまえば完璧ですね。

 

もし住所や本名を登録してしまっていても、自宅まで押しかけてくるようなことはありません。
心配な人は専門家に相談すればアッサリと解決してくれますよ。

 

悪質な出会い系サイトの問題は、社会的にも大きな話題となり、今では法律関係も整備されています。
例え自分が小さな説明を見落としていたからといっても、常識外の請求は断ることができるようになっているのです。